小児の意識レベル評価 ~GCS~

救急
スポンサーリンク
スポンサーリンク

GCSとは?

GCSとは意識レベル評価の1つの方法で、Glasgow Coma Scaleの頭文字を取っています。もともとは成人用に開発された評価方法ですが、小児用の評価方法もあります。E(開眼)V(発語)M(運動機能)の3つの項目をそれぞれ4点、5点、6点満点で評価します。以下の表を参考にしてください。

GCSの評価方法

意識レベルが全く問題ない場合には上記の表で評価すると15点満点となります。E〇V〇M〇といった形で表記をし、意識清明の場合にはE4V5M6となります。最も意識レベルが悪い場合にはE1V1M1の計3点となります。大まかには以下の通り重症度分類が行われます。

軽症:13~14点

中等症:9点~12点

重症:8点以下

その他の意識レベルの評価方法

その他にもより簡便な意識レベル評価の方法としてAVPUやJCSなどがあります。以下の記事にまとめていますので参考にしてください。

⇒(関連記事)小児の意識レベル評価 ~AVPU~

(関連記事)小児の意識レベル評価 ~JCS~

<参考文献>

・内科医・小児科研修医のための小児救急治療ガイドライン 改訂第4版

スポンサーリンク
救急
スポンサーリンク
自由に生きる小児外科医をフォローする
自由に生きる小児外科医のブログ
タイトルとURLをコピーしました