初期研修病院の選び方①

6年生はそろそろマッチングの試験の時期が近付いてきましたね。5年生はそろそろ病院見学を考え出す頃でしょうか?学生さんの見学や実習で初期研修病院をどのように選べばいいですか、とよく質問を受けるので、初期研修病院の選び方について書いてみます。
初期研修を希望する学生さんが来られた時にされる質問はだいたいこんな感じです。
「当直って月に何回ありますか?」
「住む場所はどんな感じですか?」
「受け持ちの患者さんって何人くらいですか?」
「手技はたくさんできますか?」
 
中には慣れている人であれば、
「この病院の良くないところを教えてください。」
という質問を投げかけられることもあります。なかなか鋭い質問です。
 
そのような疑問に少しでも答えるべく、初期研修病院の選び方について書いていきます。最初に一つお伝えしておきますが、どの病院で初期研修をするにせよ、最終的にどのような研修ができるかどうかはどこの病院にいくかよりも本人の努力の方が大事だと思います。ただ、医師としての最初の2年間を過ごす場所であり、医師としての心構えや基礎を身に付ける場所です。よく考えて決めることをお勧めします。この記事に書くことはあくまで個人的な意見なので参考程度にしてください!
 
初期研修病院を決める際に参考にすべき点は以下の5点です。
①大学病院か市中病院か?
②主治医制か当直医制か?
③当直の体制について
④将来の志望科を見れる環境か?
⑤給料や立地などハード面について
①大学病院か市中病院か?
最も多く議論になる点であり、毎年厚生労働省が大学病院、市中病院に行った研修医がそれぞれ何パーセントと統計を出しているほどです。したがって多くの学生が気にするところではないでしょうか。最近はたすき掛けのプログラムを持つ大学病院も多くなってきたので、大学病院+市中病院といういいとこ取りをできるプログラムも多いようです。大学病院は担当患者の数は少なく一つ一つの症例を突き詰めて勉強していける環境である一方で、市中病院は救急患者も多く、いろいろな経験をできるのではないでしょうか。それぞれ長所、短所があるので自分の性格や希望と相談して決めましょう。
 
②主治医制か当直医制か?
あまり気にすることがない人が多いですが、非常に重要な問題です。主治医制は担当患者は夜間休日でも基本的に主治医が対応するような方法です。昔はほとんどの病院が主治医制でしたが、医師の働き方の変化もあり、主治医制の病院は少なくなりつつあります。一方で当直医制は夜間休日は基本的に当直の先生に対応をお任せする方法です。自身は主治医制の病院で育ってきたのですが、夜間休日でも院外コールがあるので非常に忙しくなります。一方でその患者さんのことをすべて把握できる上に非常に親密になれます。今は当直医制の病院で働いているのですが、主治医制の方が忙しかった分、勉強になることが多かったと感じています。病院見学の際にどちらの方法を採用しているのか聞いてみましょう。
 
 最初の2点について書きました。次回は残りの3点について書きます。参考にしてください。
The following two tabs change content below.
自由に生きる小児外科医

自由に生きる小児外科医

関西で生まれ育ち、都内で小児外科医として働いています。手術が必要な子どもたちの手助けになるように奮闘中。ブログを通して患者さんや医療者に正確な医療情報を発信していきます。 趣味は飛行機で日本各地、世界各国を旅行すること。ついにJALマイルを貯めてJGCを取得しました。ANAのSFC取得も検討中。旅行やマイルの貯め方についても書いていきます。
Sponsored Link