手術部位感染(SSI)の分類

手術部位感染(Surgical Site Infection、以下SSI)は手術後の合併症の一つとして知られています。SSIの定義や分類について説明します。

Sponsored Link

SSIとは?

定義:手術後30日以内(インプラントがある場合には1年)に発生した感染

手術の種類によってSSI発生率は異なりますが、日本環境感染学会が実施しているSSIサーベイランスによると、2015年1月1日~12月31日の1年間でのSSI発生率はすべての手術を合わせると7.04%です。

SSIの分類

SSIは以下の3種類に分類することができます。

・表層切開創(superficial incisional)SSI

⇒皮下組織までの感染

・深部切開創(deep incisional)SSI

⇒筋膜や筋肉の感染

・臓器/体腔(organ/space)SSI

⇒体腔内(心膜腔、胸腔、腹腔)や臓器自体の感染

臨床外科学会雑誌第62巻第12号から引用

SSIが起こることによる影響

・入院期間が長くなる

・医療コストがかかる(金銭的な負担が増える)

医療の進歩に伴いSSIの発生率は減少傾向です。そして今なお少しでもSSIを減らすための研究が世界各地で行われています。しかしながら、手術後の合併症として一定の確率で発生してしまうのも事実です。これからもSSIが減っていきますように!

最新のSSI予防ガイドライン2017についても解説しています。

SSI予防ガイドライン2017

The following two tabs change content below.
自由に生きる小児外科医

自由に生きる小児外科医

関西で生まれ育ち、都内で小児外科医として働いています。手術が必要な子どもたちの手助けになるように奮闘中。ブログを通して患者さんや医療者に正確な医療情報を発信していきます。 趣味は飛行機で日本各地、世界各国を旅行すること。ついにJALマイルを貯めてJGCを取得しました。ANAのSFC取得も検討中。旅行やマイルの貯め方についても書いていきます。
Sponsored Link