医者夫婦のメリットとデメリット

先日、職場の後輩が婚約したという知らせを聞きました。お相手は女医さんとのこと。嬉しですね!
自身も医者夫婦(今のところは夫婦円満)なのですが、今回は医者夫婦のメリットとデメリットについて書きます。

Sponsored Link

医者夫婦のメリット

1. 困っていることを気軽に相談できる

診療科が異なる場合にはお互いに困っていることを気軽に相談することができます。自分自身も内科医と外科医の夫婦ですが、やはり困った時には非常に頼りにしています。

2. 単純に給料は2倍

働いている場所にもよりますが、同世代の場合にはおおむね給料は同水準でしょう。単純に考えれば世帯収入が倍増するので、お金の面では非常に助かっています。

医者夫婦のデメリット

1. 時間を合わせるのが難しい

勤務時間が遅くになる場合にはお互い時間を合わせるのが難しいことが多いです。時には食事の予定をしていてもキャンセルしなければならないこともあります。

2. 出産のタイミングが難しい

自分たちがまさに直面している問題ですが、どのタイミングで出産を考えるのは非常に難しいです。若いうちはしっかり働きたい、でも子供も欲しい。そんな悩み事は多くの人が抱えているのではないでしょうか。

簡単に医者夫婦のメリットとデメリットを書いてみました。近年は女医さんの数も増えてきており、医者夫婦も増えているように感じます。時間が限られた中でもお互いが意思疎通を図りながら将来のことを相談する姿勢が夫婦円満の秘訣でしょうか。医者夫婦は昔から離婚率が高いと言われていることも事実なので、そういったことにならないようによくコミュニケーションをとることが大事ですね。

The following two tabs change content below.
自由に生きる小児外科医

自由に生きる小児外科医

関西で生まれ育ち、都内で小児外科医として働いています。手術が必要な子どもたちの手助けになるように奮闘中。ブログを通して患者さんや医療者に正確な医療情報を発信していきます。 趣味は飛行機で日本各地、世界各国を旅行すること。ついにJALマイルを貯めてJGCを取得しました。ANAのSFC取得も検討中。旅行やマイルの貯め方についても書いていきます。
Sponsored Link