手術部位感染(SSI)とは?

小児
スポンサーリンク
スポンサーリンク

手術部位感染(Surgical Site Infection、以下SSI)は手術後の合併症の一つとして知られています。SSIの定義や分類について説明します。

SSIとは?

定義:手術後30日以内(インプラントがある場合には1年)に発生した感染

手術の種類によってSSI発生率は異なりますが、日本環境感染学会が実施しているSSIサーベイランスによると、2015年1月1日~12月31日の1年間でのSSI発生率はすべての手術を合わせると7.04%です。

SSIの分類

SSIは以下の3種類に分類することができます。

・表層切開創(superficial incisional)SSI

⇒皮下組織までの感染

・深部切開創(deep incisional)SSI

⇒筋膜や筋肉の感染

・臓器/体腔(organ/space)SSI

⇒体腔内(心膜腔、胸腔、腹腔)や臓器自体の感染

臨床外科学会雑誌第62巻第12号から引用

SSIが起こることによる影響

・入院期間が長くなる

・医療コストがかかる(金銭的な負担が増える)

医療の進歩に伴いSSIの発生率は減少傾向です。そして今なお少しでもSSIを減らすための研究が世界各地で行われています。しかしながら、手術後の合併症として一定の確率で発生してしまうのも事実です。外科医はSSIが少しでも減らせるように努力が必要です。

SSI予防ガイドライン2017についての記事もご覧ください。

SSI予防ガイドライン2017

タイトルとURLをコピーしました