手術後のドレーンの意味

多くの手術の後にはドレーンという管が繋がって病棟や集中治療室に帰ってきます。ドレーンとは、日本語では「排水管」という意味で、ドレーンを通して血液や浸出液、消化液などを体外に誘導しています。術後管理においては、ドレーンは非常に大切な意味を果たします。

Sponsored Link

手術後のドレーンの意味

①貯留液のドレナージ

心臓手術後の心嚢ドレーンや肺切除後の胸腔ドレーンなどが含まれます。手術後にある程度の浸出液や血液、空気の漏れなどが予想される場合に使用されます。

②合併症の早期認知

術後はドレーンからの排液の性状や量を確認しながら管理します。異常所見があれば、体外から合併症の発生を確認できるため、速やかに再手術などの判断が可能となります。場合によってはドレーン自体を合併症の治療に使用することも可能です。

手術後のドレーンの欠点

一方でドレーン挿入による欠点としては、逆行性感染のリスクが挙げられます。
逆行性感染のリスクを少しでも下げるためにも、

①閉鎖式ドレーンを使用し陰圧をかけること

②手術創と別部位にドレーンを導出させること

③抜去可能な時期となれば速やかに抜去すること

が推奨されてます。

大きな手術後には何本もドレーンが繋がった状態で帰ってくることもあります。それぞれのドレーンに意味があるので、意味を十分に理解した上で管理することが重要です。

The following two tabs change content below.
自由に生きる小児外科医

自由に生きる小児外科医

関西で生まれ育ち、都内で小児外科医として働いています。手術が必要な子どもたちの手助けになるように奮闘中。ブログを通して患者さんや医療者に正確な医療情報を発信していきます。 趣味は飛行機で日本各地、世界各国を旅行すること。ついにJALマイルを貯めてJGCを取得しました。ANAのSFC取得も検討中。旅行やマイルの貯め方についても書いていきます。
Sponsored Link